最新のブログ

個人情報保護方針について

認定こども園コバト保育園における個人情報保護の方針


社会福祉法人函館常光会認定こども園コバト保育園(以下、「当園」という)は、利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、福祉サービスに携わるものの重大な責務と考えます。当園が保有する利用者等の個人情報に関し適正かつ適切な取扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることに努めます。


(基本理念)

当園では、『個人情報保護法』第 3 条において「個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものである」とされていることを踏まえて、個人情報を取り扱うすべての者が、個人情報の性格と重要性を十分認識し、その適正な取り扱いを図ることとします。


(個人情報の利用目的)

当園では、保護者より口頭もしくは文書により提供を受けて得た個人情報、または日々の保育業務を通して得た個人情報を、『児童福祉法』および『教育・保育要領』が示しているこども園教育・保育の円滑な実施(えんだより、記録写真、記録ビデオ、ホームページ・ブログによる保育の紹介、個人記録、クラス活動計画、クラス活動報告、出席簿、緊急連絡網、連絡帳、アンケート、嗜好調査、ロッカー・掲示品物等の名前、延長保育申請書、一時預かり保育申請書、保護者会、名札・ゼッケン、運動会・遊戯会等行事による名前の読み上げ、卒園者名簿)以外の目的で使用することはありません。


(個人情報の第三者への提供の制限​)

当園は、下記の場合を除き、ご本人の同意がない限り、個人情報を第三者に提供しません。

1.法令等に基づく場合
2.警察、裁判所など公的機関から開示を求められた場合
3.個人の生命、身体又は財産の安全のために必要がある場合であって、事前に本人の同意を得ることが 困難であるとき
4.業務を委託する場合


(個人情報の安全管理措置の実施​)

当園は、取り扱う個人情報の漏えい、滅失または毀損等を防止するため、必要かつ適切な措置を実施して、個人情報を適切に管理します。 また、当園は個人情報の取り扱いに関し、職員に対して適切な監督を行なうとともに、個人情報の取扱いを委託する場合には、委託先が個人情報を適切に管理するよう監督します。


(個人情報の開示・訂正・利用停止・消去)

当園は、当園が保有する個人情報について、個人情報保護法に基づく開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または 利用目的の通知にかかるご本人からのご請求があった場合には、ご請求頂いた方がご本人であることを確認のうえ、個人情報保護法に従い、適切に対応いたします。


(個人情報保護体制の継続的改善)

当園は、この「認定こども園函館石川保育園における個人情報保護の方針」を実行するため、職場内研修・教育の機会を通じて全職員に周知徹底させて実行し、かつまた、継続的に改善することによって常に最良の状態を維持します。

TOPへ